朝起きづらい、眠い...は冬の準備

こんにちは。

漢方薬店kampo's山口りりこ(薬剤師・薬膳師)です。

24節気は「立冬」

冬の始まりの時期。

今日はこれからの冬に元気に過ごすための

基本養生をお伝えしようと思います。

2021.11.7立冬

肌寒くなってきて

なんだかずっと眠い、朝起きづらい

なんて感じてませんか?

それは身体が冬を感じ取っているサインかもしれません。


私たちヒトも自然界の中で生きていて

ヒトの体内でも大自然の原理原則に従っているという考え方を

「天人合一(てんじんごういつ)」と言います

草木が枯れ、動物は冬眠に入るように

人もお身体を休めるモードに入るのです。

養生の基本は

「蔵」

エネルギーや潤いの貯蔵が必要な時期です。


具体的には

・早く寝て、遅く起きる

・睡眠時間を長く取る

・保湿する

・温める

・ほど良い運動

感情の波が大きくならないよう、ストレス溜め込まず

リラックスできる時間を大切にしましょう✧

よく思うのですが、、

学校や会社も

春夏は始まりが1時間早い

秋冬は始まりが1時間遅い

など1年で変化があっても良いな〜と感じます。

冬はお日様が出るのも遅いし

ゆっくり寝たいものですよね。


そして食生活の基本は

・身体を深部から温める
・潤い食材で乾燥対策

陰陽のバランスが大切です。


2つの温め食材

【深部から温める】

くるみ、にら、ニンニク、エビ、羊肉、シナモン

【冷えを発散】

唐辛子、山椒、生姜、胡椒


2つの潤い食材

【乾燥対策】

豆腐、黒豆、ごま、豚肉、貝類、蜂蜜

【血色up】

ほうれん草、人参、ライチ、ぶどう、落花生


薬膳の基本は

季節・体調・体質に合わせた食事にすることです。

高麗人参など手に入りづらいものだけが薬膳ではありません。

(高麗人参など生薬はパワーは強いです♪( ´θ`)ノ)

まずは身体の状態を知り、どんな養生が必要か考えてみましょう。

今年は楽しめる冬にしたいですね♩

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000