冷えと老化〜大寒〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです◡̈⃝°.

大寒は1年でもっとも寒いころと言われているため

寒気を利用した味噌仕込みなどが行われる頃です。

暖冬で環境問題も心配な昨今ですが

やはりお身体は冷えやすいので、体内から巡くして健やかに過ごしましょう!

1,冷えも体質や環境と関係している

2,老化とも関係する陰陽

3,寒い時におすすめ食材

4,冬は特に注目:髪、骨、歯、脳

5,大寒kampo's前菜

ーーーーーーーーーー


1,冷えも体質や環境と関係している

「冷え」といえど、多くのタイプがあります。

寒がりの「陽虚(ようきょ)」タイプ
手足のみ冷たい「巡りの悪い」タイプ
血不足により血流が行き届かない「栄養不足」タイプ

など。

どれにせよ、冬は寒さがますため、

熱をとるより、冷えをとり暖かさを増す養生がベースです。

冬にもっとも多い

「陽虚(ようきょ)」タイプを中心にお話いたします。


2,老化とも関係する陰陽

陽虚というのは陰陽のバランスが悪くなり

陰に傾いている状態です。

特に冬は「腎(じん)」が活躍する時期。

腎は生命の根元である陰陽を蓄えており

この陰陽が消耗することを

老化

ともいうのです。

子供は陽が多くていつもポカポカしていますね。

年と共に陰陽が消耗するのは必然ですが、

寒がりは陽の不足、乾燥は陰の不足のサイン

と思っておきましょう。

まずはこの時期に困る冷えを追っ払って

温める力である「陽」を補うことが必要です。


3,寒い時のおすすめ食材

生姜、ねぎ、にら、山椒、胡椒、くるみ、鶏肉、えび、くり


4,冬は特に注目!髪、骨、歯、脳

東洋医学では冬はの養生は「蓄える」こと。

それは冬にしっかりと働いてくれる「腎(じん)」の特性です。

アンチエイジングの要である腎は、腎機能だけではありません。

どういったところに症状が現れるかというと、

髪、骨、歯、脳

腎が弱っていると、

髪が細くなったり、白髪となったり。

また骨や骨の延長と位置付けられる歯が弱くなったり、

そして

脳も腎がもっとも影響していると考えられています。

腎を養うのは日々の積み重ねが大切です。

まずは自分自身のからだに目を向けて。

身体全体をさわって冷えていないかもチェックしてみましょう。


5,大寒kampo's前菜

下仁田ネギと鶏出汁豆乳スープ

下仁田ネギの甘味と鶏だしと豆乳であっさりとまろやかな口当たり。

胡桃と山椒を合わせることで食感とスパイシーさをぷらすしました。

1/20〜2/3

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000