知ってると安心!風邪の漢方〜霜降〜

こんにちは。

漢方薬店kampo's山口りりこ(薬剤師・薬膳師)です。


24節気は霜降(そうこう)

「霜が降りるころ」という意味で、徐々に秋も深まっていく頃です。

しかし今年は一気に気温が下がったり

寒暖差が一層激しいように感じます。


風邪予防に気を使いはじめる頃です。

風邪の初期はすべて「葛根湯(かっこんとう)」だと思われがちですが

ノド風邪は違います🙅‍♀️

今回は知っていると役に立つ漢方薬と

おすすめ食材をご紹介します✍️

(2020.10.23更新)

1,風邪は、おや?と思ったその瞬間が勝負!

2,ぞくぞく寒気タイプ

3,喉の痛み咳・炎症タイプ

4,長引く風邪タイプ

5,風邪を予防しよう!

ーーーーーーーーーーーー


【1,風邪は、おや?と思ったその瞬間が勝負!】

朝晩の寒さ+乾燥

により風邪が気になる頃です。

風邪を引いたかも?と思ったら

瞬時に対応することが最も大切です!!


時間が経てば身体のエネルギーも消耗して

ウイルスと闘う力が消耗してしまいます。


「なんとなく喉がへんかも」
「なんとなく寒気がするかも」

この瞬間に対応しましょう⚠︎



【2,ぞくぞく寒気タイプ】

寒気がして、これから発熱しそう!
肩こりのようにからだが強張る!


そんな時には

葛根湯(かっこんとう)

を一服してみましょう✧

葛根湯は体温を上げて

汗とともに邪気(ウイルス)をはらってくれます。

しっかり着込んで体を温めてください。


汗をかいたら放っておかず、できれば着替えること。

(汗を放っておくと冷えてしまいます)


生姜、ネギ、大葉など

身体を温める薬味をたくさんとりましょう。

スープなど、なるべく温かい状態でとってください。

生姜湯を常備しておくのも良いですね。



【3,喉の痛み咳・炎症タイプ】

実際は炎症の風邪タイプの方が多いのではないでしょうか。

寒気はないけど、喉の痛みや咳がメインの風邪です。


喉がイガイガする!
耳の下が腫れたり痛いかも!


そんな時はすかさず

銀翹散(ぎんぎょうさん)

を選びましょう🙋‍♀️

喉風邪が気になる方は常備しておくと良い漢方薬です。


おすすめ食材は

大根、ごぼう、ミント


大根おろしをすってその汁を飲むのも良いです🙆‍♀️

もうひとつおすすめは

「はちみつ大根」

大根をはちみつで漬けて、一晩おくと汁がでます。

声を出し過ぎた時にも良いですよ。



【4,長引く風邪タイプ】

風邪が長引くということは、もはやウイルスよりも

自分自身の治す力が低下している状態です!


微熱が続く場合には

「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」


空咳が続く場合には

「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」


食欲が出ない時には

「六君子湯(りっくんしとう)」


身体に不調があるということは

他のウイルスや菌も入り込みやすい状態です😭

消化に負担のかからない食事にして

なるべく身体を休めるようにしましょう!



【5,風邪を予防しよう!】

風邪は一般的に「カゼ」と読みますが

漢方用語では「ふうじゃ」と読みます。

西洋医学では

風邪ウイルス、新型コロナウイルス、インフルエンザウイルスを分けて考えますが

漢方医学では全て風邪(ふうじゃ)として捉えます。


漢方には「気」という概念があり

*治す力

*身を衛る力

*体を温める力

など大切な役割を果たしています。


疲れ・睡眠不足・ストレスは気の消耗につながります⚠️

女性に気をつけて欲しいのは月経前後。

血を消耗するので、疲れやすくなります。

月経前後はいつも以上にゆっくりと身体を癒してあげてください✧


ストレスなく生き生きと気を充実させ

風邪なんて寄せ付けないようにしたいですね!


おすすめ食材は

お米、もち米、イモ類(とくに山芋がおすすめ)、きのこ、はちみつ


この他にも旬の食材は特に身体に良いです。

スーパーでたくさん並んでいるような食材が時期のもの(の可能性が高い!)

秋に美味しい食事で

しっかり予防していきましょう。


今回は長くなりましたが

最後までみていただき、ありがとうございました!


気血を養うおすすめ食材:なつめ

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000