花粉症に薬膳をとりいれよう〜雨水〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです。

もうすでに花粉の飛散は発表されていますが、いよいよ本格シーズンになりますね。

季節性の花粉症をはじめ、

ハウスダストによる通年性のアレルギーを自覚している人も多くなっています。

免疫を高める身体づくりを意識しましょう!


【花粉症チェック】

0,鼻がムズ痒い
0,くしゃみがでる
0,鼻水がでる→1,透明サラサラ 2,黄色くて粘っこい
0,鼻づまりがある
0,皮膚のかゆみ→2,赤みが強い
0,目のかゆみ
2,目の充血
2,喉の痛み
2,口の渇き

0,は共通にでます

1,は体内の冷えがあり

2,は体内に熱がこもっていること

がわかります。

2,の症状がひどくなければ、体内の冷えがあると考えてセルフケアしてください。

今回は冷えによるものを中心にお話して、次回の啓蟄で熱によるものをお話させていただきます。


【花粉症:風邪】

アレルギー症状(くしゃみ、鼻水、はなづまりなど)は

風邪(ふうじゃ)が、冷えや熱と一緒に体内に侵入すると考えます。


風による体内の悪影響を風邪(ふうじゃ)といいます。

たとえば、ウイルスや細菌、アレルギー物質などです。

そのため、カゼと花粉症は漢方だと治療が似ているのです〜〜✧

*風邪(ふうじゃ)を追いだそうとしている症状

→くしゃみ

*対抗している状態

→むず痒さ

*からだの機能が低下して流れが悪くなり、停滞してしまっている状態

→鼻水、鼻づまり


【花粉症は「肺」の弱り】

漢方では花粉症などアレルギー症状は「肺」が関係していると考えます。

呼吸以外にも皮膚、鼻、喉と関係が深く、身体のバリアー機能を担当します。

つまり

免疫と深い関係!

ということです。

肺が弱ると、アレルギーはもちろん、風邪などのウイルスにも負けやすく、また蕁麻疹などもでやすくなります。

食べたものは体内でエネルギーとなり「肺」の機能によって、分配されています。

せっかく良いものを食べても分配できないと不調となります。


また、肺と表裏関係にあるのは「大腸」です。

アレルギー体質を改善するのは「腸がよろこぶ食事」をこころがけること。

身体は全てつながっています!

アレルギー症状を抑えるだけでなく、腸内環境も整えるようにしましょう。


【冷え(寒)による花粉症おすすめ食材】

生姜、紫蘇、大葉、ねぎ、ミョウガ


腸内環境整え体質改善おすすめ食材

きのこ、根菜、豆類、味噌


【雨水kampo's前菜】

紫蘇風味の味噌ポタージュ

2/19〜3/5

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000