緑食材をとって、からだも春の準備を〜立春〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです。

今日は一気に気温が上がり暖かい日となりました。

立春の日にふさわしい春の予感の1日です。


しかし夜になると一気に気温が下がるそうです。

冷え対策も引き続きしつつ、春に向けての準備をしていきましょう!


【春は肝を養おう】

今日は五行論のお話を交えて、春の養生についてお話します。

上の図をみてください。

季節、味、色、感情など5つジャンル分けされています。

5つそれぞれが影響しあって成り立つと考えます。


自然界でいうと、木・火・土・金・水

人の身体の臓でいうと、肝・心・脾・肺・腎

にわかれます。


春は・・・・?

緑色の「木」「肝」に属します。

「木」は成長、発育を表し、寒い縮こまっていた冬から解放され、そとにそとに伸びいくような季節となります。


「肝」の役割は

・血を蓄えること、血液量の調整

・情緒の安定や、新陳代謝に関わり気の巡りを整える

ことをします。


冬の担当臓は「腎」ですが

昨日までは腎!今日から肝!

というように身体はシンプルにはできていません。


腎、肝は親と子の関係にあり、

腎で蓄えられたエネルギーによって、肝の血がつくられます。


肝がよわると・・

情緒がみだれ、イライラしやすくなったり落ち込みやすくなる
目の疲れや乾燥、めまい、筋肉の痙攣

など困った症状がでやすくなります。


季節にとわず、体質的に「肝」が弱い人もいます。

特に、忙しい現代人は肝を傷つけやすいです!

3,4月は環境の変化も多く忙しくなりやすい時期です。

まずは「肝血」をおぎない、忙しくても体調に左右されないようにしましょう。


【肝血たっぷりおすすめ食材】

ほうれん草、小松菜、菜の花など緑色の濃い野菜

→肝血を補います


くこの実、貝類

→乾燥の時期におすすめな腎にもよい食材です。

冷えがあるときは、貝類も温かくしてたべましょう。


【これから気をつけたい花粉症】

春になると季節性のアレルギーがふえます。

次回の配信で詳しくお話する予定ですが

まず予防としては、花粉などのアレルギー源を体内にいれないこと!


マスクをする、乾燥を防ぐ

まずはこの2つをしましょう。

体内の乾燥からもアレルギー症状はおこりやすくなります。

今日あげた食材もとても良いです。

旬の食材で身体に血・潤いをあたえましょう。

油の多いものや辛味が強いものは取りすぎず、身体の巡りをよくしたいものです。


【立春kampo's前菜】

ほうれん草のケークサレ

2/4〜2/18

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000