春の不調は自律神経から〜春分〜

こんにちは
kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです
春分はお昼と夜の長さが同じになるころで

心身のびのびとした柔軟性を持つことが必要です。

今回は春に気をつけたいことをお話します(^^)

(2020.3.20更新)

〜内容〜

1【春の不調】

2【漢方で考える自律神経】

3【肝の血不足ってどんな症状?】

4【肝血虚におすすめ食材】

5【東洋のスーパーフルーツなつめ】

6【春分kampo's前菜】

ーーーーーーーーーーーー


1【春の不調】

3月4月は気温差も大きく、また環境の変化がある方も多くいて、せわしなくなりがち。


陰から陽への転換期でもあり、身体が変化に対応できず不調がでやすくなるのです!
だるい、つかれやすい、朝起きづらい、、、
などなど。

特に最近は

日々変わる情勢に心身ついていけない人も多いのでは。

《春の不調》は自律神経と大きく関係しています

漢方で考える、自律神経と大きく関わっている臓器は

「肝(かん)」です

「肝」を養うことで

健やかに春を楽しむことができます♪


2【漢方で考える自律神経】

➀気の巡りをよくすることでストレス解消
②血を肝に蓄えておくことで鎮静効果

①:イライラしたり、ストレスを感じやすくなるのは

「気がつまっている」

と考えます。

そうすると、体内の働きがスムーズにいかず

イライラする、ため息がでる、消化不良など

気の停滞症状がでてきます

漢方用語では肝気鬱(かんきうつ)と言います


②:本日は肝の血不足をメインとしたお話にします

次回4/4《晴明》の配信で

①気の巡りについて詳しくお伝えいたします。


3【肝の血不足ってどんな症状?】

肝は血を貯蔵しているところです

肝の血が不足していることを

漢方用語では「肝血虚(かんけっきょ)」

と言います


症状としては
・めまい、貧血
・不安感、気持ちが落ち込む、情緒不安定
・不眠症状
・ドライアイ、目のかすみ、視力低下
・手足のしびれ、ふるえ、引きつり
漢方でいう「血(けつ)」は血液だけではなく、

精神にも影響します

血が十分満たされることで

たかぶる気を鎮静できて

心がおちつくのです✧

そして血(けつ)は

潤いを保つ役割

もになっています✧

そのため、

お肌の乾燥、肌荒れ

へとつながりやすくなります。


肝の症状は

目や筋肉に現れます

目の疲れ・ドライアイ、ピクピクする痙攣、足のひきつりなどは

「肝」が影響しているのです


4【肝血虚におすすめ食材】

ほうれん草、こまつな、人参、レバー、ぶどう、なつめ

5【東洋のスーパーフルーツなつめ】

薬膳ではよく使われる’’なつめ’’

姫りんごに似たようなフルーツで

「1日3粒食べると老けない」

と言われるほど!!

鉄分・葉酸・カリウムなど

特に女性嬉しい成分がたくさんなのです✧

味はリンゴに甘みを加えたような感じ

そのまま食べても美味しいですよ

漢方では気血を補う生薬として使われます

*気:身体のエネルギー源

*血:血液や精神を安定させるもの


漢方薬で使われるときは「大棗(たいそう)」という名前になって

葛根湯にもはいっています


カリウム豊富ということから、むくみ対策にもなりますし

食物繊維も多いので腸内環境にもうれしい逸材✧

ドライフルーツ以外でも

カリカリになるまで乾燥させたもの、素揚げしているお菓子もあります


月経時、疲れているとき、むくみが気になる時など

ヘルシーおやつとして

とりいれてみてはいかがでしょうか♪


6【春分kampo's前菜】

檸檬香るキャロットムース~ナツメチップス添え~

人参、玉ねぎ、豆腐を使いムースに仕上げました。

レモンの春らしい爽やかさ香りと

甘味感じる仕上がりになってます

3/20〜4/3

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000