その重だるさ、薬膳を知ってスッキリ!〜大暑〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師の山口りりこです。


今年は梅雨明けが遅いですね。

その分、湿気にやられている方も多いはず。

徐々に気温も上がり、

体内に熱もこもり始めます。


本日はこれからの時期に知っておきたい

【夏バテ予防】に関してお伝えしようと思います。

1,薬膳で考える【夏バテ】とは?

2,夏バテの特徴

3,夏バテ予防食材

4,夏バテしない生活の知恵

5,大暑kampo's前菜

-----


1,薬膳で考える【夏バテ】とは?

夏バテは一言でいうと

「蒸し暑さからくる身体の不調」

だと考えています。


蒸し暑さ=「暑湿」

熱と湿気が体内にこもってしまって不調となります。


風邪などで熱がこもっているのと違って

湿気も同時に影響を受けているので

夏バテは厄介なのです。


2,夏バテの特徴

疲れが抜けない
身体が重だるい、むくむ
食欲がない
下痢、便秘
身体のほてり、のぼせ
イライラ、もや〜っとする

「日本人は胃腸が弱い」

なんとなく認識している人も多いと思います。

薬膳では胃腸の機能は「脾(ひ)」が果たしていると考えています。

「脾(ひ)」は

食べたものからエネルギーや水を吸収して、供給します。


しかし、脾は湿気に弱いのです( ;´Д`)!

そして、

冷えると働きが弱まってしまいます( ;´Д`)!!

気温があがり、冷たいものをたくさんとっていませんか?

余計に、脾の働きを弱めて、

夏バテ症状がでやすくなってしまいます。


3,夏バテ予防食材

スイカ、トマト、きゅうり…

冷たい水分でなく、水分の多い食材で乾きをとりましょう!

スイカは特に、

外側の厚い皮と赤い身の間の部分をすてないで〜✧

お漬物にしたり、きゅうりのような感覚でつかうと

むくみとり効果が期待できます(^ ^)


4,夏バテしない生活の知恵

✧冷たい水分をとらない

井戸水(約15度)よりは冷たいものをとらないように、

といわれます。

日本ではカフェでも氷水がでてきます。

夏こそ、温かいものをこまめにとり、胃腸の働きを低下させないようにしましょう


✧1日1回汗をかく

体温の調節が難しくなります。

湿気が多い&クーラーが多いと、汗をかきづらくなります。

1日1回は汗をかいて、体温調節機能がにぶくならないようにしましょう。


✧思い悩まない

湿気によわい「脾」がよわると、心にも影響して

くよくよしたり、思い悩みやすくなります。

この時期特有かな〜

とあまり考えすぎず、余計に脾を傷つけるのをやめましょう。


自然の変化を楽しみ、心地よい夏を迎えましょう♩


5,大暑kampo's前菜

夏バテ予防のスイカのスムージー

7/23〜8/7

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000