乾燥肌なのにテカる!蒸し暑い季節の内側からの薬膳ケア〜小暑〜

こんにちは。

kampo’s薬剤師・薬膳師山口りりこです。

今日は七夕ですね。

いつになってもワクワクします✧

少しでも皆様の美容健康にお役にたてるよう、本日も薬膳についてお伝えいたします。

1,【乾燥肌なのにテカる!蒸し暑い時期のお肌トラブル】

2,【お肌以外のお水トラブル】

3,【お肌スベスベ食材】

4,【美肌✧薬膳食材:ヨクイニン】

5,【小暑kampo's前菜】


1,【乾燥肌なのにテカる!蒸し暑い時期のお肌トラブル】

湿度が高い日が続き、お肌もべたつきやすくなっていませんか?

それは体内の水の巡りが悪くなっているかもしれません。

綺麗なお水が循環していると良いのですが、

ストレスや冷えなどにより

水の巡りが悪くなると

・表面はベタつく、内側は乾燥してる
・お肌が凸凹する
・白いプツプツしたできものができる

などの症状がでやすくなります。


2,【お肌以外のお水トラブル】

・むくみ
・重だるい
・頭痛、頭重
・めまい
・痰がからむ
・食欲がない、気持ち悪い
・下痢、軟便
・頻尿、尿がでにくい
・オリモノが増える
・関節が動かしにくい

これらの症状も、体内の水分バランスが悪くなっている証拠です。

お水のバランスは

冷え、熱どちらにかたよっていても悪化します。


温めてみると症状が楽になるという方

→冷えと水の停滞


痰・オリモノ・尿が黄色っぽい、口内炎など炎症症状

→熱と水の停滞


3,【お肌スベスベ食材】

冬瓜、きゅうり、トマト

はとむぎ、あずき、とうもろこし

⚠︎

水分バランスが悪いときに、

味の濃いもの・脂質や糖質のおおいもの

は余計に水の巡りを悪くさせます!

温めて楽になる、冷えがたまっているタイプの方は

食材を蒸す、冷たいものは控える

などして、体内を冷やさないように心がけましょう!!


4,【美肌✧薬膳食材:ヨクイニン】

薏苡仁という生薬をご存知でしょうか?

はとむぎの茶色の皮をむいた白いキレイな種子で

ヨクイニンと呼びます。


はとむぎ化粧水として販売されていたり、

漢方薬としても販売されています。


漢方薬では

「イボ、皮膚のあれ」

の効能効果があります。


イボ、白いプツプツしたできものは

水の巡りが悪くて外に飛び出したもの、として考えます。


お肌の状態は見た目だけの問題でなく

体内からのサインでもあります!


水分代謝の良い身体づくりをしていきましょう(^ ^)


5,【小暑kampo's前菜】

トマトの冷静ポタージュ

体内の不要な熱をとり、潤いを保つトマトと

身体を冷やさないように玉ねぎをつかってポタージュにしました。

7/7〜7/22


漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000