目の疲れを感じやすい方は春の不調に注意!〜立春〜

こんにちは。kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです。

立春。

春の始まるを告げる季節ですが、体感としては冬真っ只中!

徐々に体内から春の準備もはじめて

春本番に巡りの良い状態になるようからだを見つめ直しましょう。

予防こそ薬膳の知恵がいかされます✧

1,目の疲れを感じやすい方は春の不調に注意!

2,老化は「肝」を弱らせる原因でもある

3,肝腎を養うおすすめ食材

4,,目に嬉しい生薬:クコの実

5,立春kampo's前菜

ーーーーーーーーーー


1,目の疲れを感じやすい方は春の不調に注意!

春に意識したいのは「肝(かん)」です。

東洋医学では、肝臓の働きを含めもう少し大きな役割をもちます。

主に

*血をためておくこと
*気の巡りをよくすること

そのため「肝」の働きが悪くなると

血不足の症状による不調でホルモンバランスに影響したり

気のつまりによりストレスを感じやすくさせたり、

ゆっくりと不調が出やすくなるのです。

「肝」の状態は目に現れます。

疲れやすくなっていたり、ドライアイの方は「肝」を養うよう心がけましょう。


2,老化は「肝」を弱らせる原因でもある

春に症状が出やすいのは「肝」ですが、

冬に弱いのは「腎」です。

「腎」は生命の根元とも言える精(せい)を貯めています。

肝に蓄えられている血も、腎の精からも作られているのです。

実は

「腎」は老化により弱りやすい。。。!

腎が弱っていることのサインは、髪や骨。


腎を養うことはエイジングケアにつながります✧

肝、腎はそれぞれ協力関係にあります。

春に健康に過ごすためには冬の養生が必須なのです。


3,肝腎を養うおすすめ食材

ほうれん草、小松菜、ビーツ、くこ、貝類


4,目に嬉しい生薬:クコの実

美容の生薬として知られるクコの実。

漢方薬にも使われる時には「枸杞子(くこし)」と漢字で書かれます。

血を補う力のあるクコの実ですが

特に目の働きを助けてくれます。

眼精疲労、視力低下、老眼、ドライアイなど全てに使います。

体内の潤いを内側から補ってくれるため、

乾燥肌や便秘、髪のトラブルにも良い効果が✧

ビタミンミネラルも豊富で抗酸化力もあるクコの実。

そのまま食べても美味しいですが

サラダのトッピングにしてもよし!

スープに入れて煮込んでもよし!

コーヒーの甘さを出したい時に一緒にひたしてもよし!

目のトラブルや乾燥が気になる方はクコの実生活がおすすめです。


5,立春kampo's前菜

肝腎養う小松菜と貝出汁豆乳スープ

〜クコの実を添え〜

2/4〜2/18

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000