新型コロナウイルスだけでなく普段から身を守る力を!〜啓蟄〜

こんにちは。

kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです。

新型コロナウイルスに罹患された皆さま、感染拡大により影響を受けられてい皆さまに、

心よりお見舞いを申し上げます。

世の中が恐怖に包まれているように感じます。

ご自身の免疫を高めることで防げることもたくさんあります。

漢方や薬膳が少しでもお役に立てると嬉しいです。

1,新型コロナウイルスだけでなく俯瞰的に!

2,免疫の要・腸に良い生活をしよう

3,漢方からみる腸

4,腸におすすめ食材

5,これだけは知って欲しい漢方薬とプチ薬膳

6,啓蟄kampo's前菜

ーーーーーーーーーー


1,新型コロナウイルスだけでなく俯瞰的に!

新型コロナウイルスの報道が絶えませんね。

感染したからといっても死に直結するわけではありません。

インフルエンザも同様で、感染しても肺炎にならない方がほとんどです。

しかし、そもそも肺炎は死亡原因の第5位となっており

体力の低下した高齢者に多いものです。

(平成30年人口動態統計/厚生労働省)


風邪も9割はウイルスによるものです。

(そのため

抗生物質=抗菌薬

が直接に風邪を治すわけではありません。

菌とウイルスは全く違う微生物です)


私たちはウイルスや細菌などの微生物と共存しています。

そのため、寒くて乾燥しやすい時期は

免疫を高める養生が大切です!

感染者数ばかりが取り上げられていますが、

今こそ予防医学やセルフメディケーションに目を向けるべきではないでしょうか。

合わせて漢方理論もご覧くださいませ。


2,免疫の要・腸に良い生活をしよう

免疫細胞の多くは腸にあり

腸には多くの細菌などの微生物が住んでいます。

腸内細菌は3つのグループ(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)に分けられ

私たちヒトが食べたものを介して

腸内細菌たちは多くの物質を作り出します。

ヒトにとって有用な物質を作り出す善玉菌は

ビタミン、酢酸・酪酸などの短鎖脂肪酸を私たちに与えてくれます。

短鎖脂肪酸は酸性のため、

アルカリ性を好む悪玉菌の増殖を抑えて

病原菌の感染予防や

発癌性物質、有害な腐敗産物を生み出しにくくしてくれるのです。

だからこそ

善玉菌が好む食事を心がけることが免疫力アップに繋がります。


3,漢方からみる腸

漢方では小腸は心と、大腸は肺と直結して関係していると考えます。

心は血流を担当し

肺は体表で身を守る力と水分を運ぶ役割をします。

どちらも免疫にとって大切なことがわかります。

五行論は2000年以上も前にできている理論とされますが、

現代も身体の中身は変わりません。

そのため漢方の考えは現代でもいかされるのです。


4,腸におすすめ食材

食物繊維の多い根菜類:大根、ゴボウ、蕪など

→腸の不要な熱をとる

豆類、芋類、米類など自然の甘みを感じるもの

→気を与える

発酵食品:特に慣れ親しんだ味噌がおすすめ

→気を与え温める


5,これだけは知って欲しい漢方薬とプチ薬膳

新型コロナウイルスだけでなく

普段の風邪やインフルエンザ対策としても漢方薬はとてもよく使えます。

ドラッグストアでも買える漢方を2つだけご紹介いたします。


【寒気、こわり、熱が出そう!という時】

葛根湯(カッコントウ)

:葛根(クズの根っこ)はこわばりも改善。

プチ薬膳

:葛湯に生姜をすり下ろして飲む


【喉のいがいが、腫れ、咳、鼻水は痰も粘ってくる】

銀翹散(ぎんぎょうさん)

:大半の生薬が炎症を抑える役割を持つ

プチ薬膳

:大根を角切りにして蜂蜜に一晩つけた液体を飲む。

予防としても効果的。


お腹の風邪はこの時期少ないので省略しますが、

どんなウイルスでも対応方法は同じです。

病院に行く前にできることもたくさんありますよ。


6,啓蟄kampo's前菜

筍と蕪の菊花うす葛煮

3/5〜3/19

筍、蕪は腸内環境を整え、不要な熱をとります。

葛は風邪をはらう食材であるため葛粉でとろみを。

菊花は上部の熱をとり目の疲れ・痒み、頭痛に良いです。

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000