手足ポカポカ全部が「健康」ではない

こんにちは!

漢方薬店kampo's山口りりこ(薬剤師・薬膳師)です。

「芒種(ぼうしゅ)」

土に水を蓄え植物たちの成長も著しい時期ですね。

道端の紫陽花が日に日に存在感を増してます。

気温も上がり、蒸し暑くなる頃

暑さ対策を始める方も多いのではないでしょうか。

今日は「体内の熱」に関してのお話です。

2021.6.5芒種

1,手足のポカポカ感覚

2,陰と陽、水と火

3,手足のポカポカは消火不足

4,生活で気をつけること

5,陰を増やすおすすめ食材


ーーーーーーーーーー


1,手足のポカポカ感覚

手が温かいこと、これは良いことのように思われます。

特に意識なく、触るとポカポカしている状態であれば良いのですが

手や足の裏が熱い、火照る

という感覚があると、それは

内熱(ないねつ)

の可能性があります。

冷たい場所を求めて手の平や足の裏を置く

こんな方も多いです。


温かい状態=冷えていない=健康

と思われがちなのですが

漢方ではバランスが何より重要です。

つまり熱が強いことは不調につながっていくのです。



2,陰と陽、水と火

漢方の陰陽論は、単純なのに奥深い理論です。

一般的には

陰はネガティブ、悪いもの

陽はポジティブ、良いもの

と認識されていることも多いのですが

そうではありません。


1年で見ると

春夏が陽、秋冬が陰

1日で見ると

昼が陽、夜が陰


でも、12:00になったからといって陰から陽にカチッと変わるわけではなく

陰と陽の比率が少しずつ変化しながら

陽が高まっていっています。


身体の役割で陰陽を見ると

陽=温める、活発、エネルギッシュ=イメージ:火
陰=冷やす、鎮静、リラックス=イメージ:水

といった感じです。

つまりどちらも必要で、

このバランスをとりつつ柔軟に変化できる身体が

健康

なのです!



3,手足のポカポカは消火不足

手足裏が熱いと感じる方は

陰(水)が足りず、体内の火消しができない状態

といえます。

陽の勢いを止められない、ということです。

実は陰の不足は美容には大敵。。

内熱があるということは

乾燥につながっていきます。

そのほか、

微熱っぽさ、更年期症状、喉の渇き、ドライアイ、寝汗、不眠、空咳が出やすい

などの症状も出やすくなります。



4,生活で気をつけること

陰を消耗しない生活。

冷え対策よりも、現代人にとって難しいと思っています。

強すぎる火を消すことは難しくないのですが、

水を増やして火を消すこと、が意外と大変なのです。


更年期のホットフラッシュも同様で

冷たいものをとったり、身体を冷やすことは

根本的解決になりません。

(→多すぎない火を消そうとしているので体力が消耗します)


1,塩辛いもの、唐辛子などの辛味をとりすぎない
2,ストレスを溜めない
3,質の良い睡眠をとる


まずはこの3つ。

ストレスを溜めないことが一番難しいように感じますが

身体にとってストレスと感じないのは

「規則正しい生活」です。



5,陰を増やすおすすめ食材

⚫︎陰を増やす

黒ゴマ、黒豆、牡蠣、ホタテ、卵


⚫︎血を増やして陰を増やす応援

にんじん、ほうれん草、小松菜、ぶどう、豚肉


⚫︎火照りなど熱をとる

セロリ、きゅうり、トマト、バナナ、豆腐



いかがでしょうか。

陰を養うことは

潤いたっぷり、美容にも繋がります。

これから暑くなる時期に陰を養う養生を取り入れ、

暑さに負けない身体づくりをしましょう◡̈⃝°.


漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000