汗の多い夏バテを薬膳で解決!

こんにちは。

漢方薬店kampo's山口りりこ(薬剤師・薬膳師)です。

24節気は 「立秋(りっしゅう)」

暦の上では秋ですが、夏真っ只中の気候です。

暑い日が続いて、すでにバテ気味な方も多いのでは?!

すぐに実践できる薬膳をお伝えします。

2021.8.7立秋

1,夏バテと暑邪

2,「汗を多くかく=代謝がいい」わけではない

3,夏バテにも厄介な湿気

4,夏バテにおすすめ食材

  • 汗が多くて疲れる時は...
  • 気力が出ない、疲れが取れない時には...
  • 重だるさがとれない湿気が溜まっている時には...

ーーーーーーーーーー



1,夏バテと暑邪

漢方では人に影響する気候の変化を外邪といいます。

外邪の一つである「暑邪」が夏バテに直結するのです。


暑邪の特徴は

  1. 炎熱の性質をもち、イライラ・口の渇きなど現れる
  2. 汗とともにエネルギーが漏れ出る
  3. 湿気と結びつきやすい


1.の内容は「夏バテ予防!身近な食材を生かして熱さまし」に書いてありますので、ご参考ください。


本日のメインは

2と3に関して。

汗が多い、疲れる、気力がない、だるい、食欲がない

など、エネルギー不足が見られるような夏バテは注意が必要です。


エネルギー不足になると

免疫力も低下します!

こんな時期だからこそ、一層に気を養いたいですね。



2,「汗を多くかく=代謝がいい」わけではない

汗をかくことは人の体温調節機能として必要です。

しかし、かきすぎるのはよくありません。

ご飯を食べるだけで汗をかく

ポタポタ汗がたれる

など。


環境にもよるので、一概には言えませんが

汗が多すぎるのは

「汗を止める力がない」と漢方では捉えます。

この力は「気」のことです。

そのため、

疲れを感じやすい、気力が出ない

といった症状が多くなるのです。

気を養い、身を守る力が大切ですね。



3,夏バテにも厄介な湿気

暑邪と湿邪が結びつくと、長引きやすく厄介になってきます。

症状は

・だるさ
・頭が重い、すっきりしない
・食欲の低下
・軟便、下痢


この原因としては2つ。

①気候が蒸し暑い

②生物や冷たいものの過食で、胃腸の機能が低下し、体内で湿気がたまる


気候としてはどうしようもないところがありますが

胃腸の機能低下は防ぎたいものです。


胃腸(脾:ひ)は食べたものから綺麗なお水を作り出します

機能が弱ると、お水がさばけず、淀んできてしまうのです!


お腹がポチャポチャと音がしたら危険信号⚡︎

冷たいものは控えて、温かいものを少しずつ摂るように心がけましょう。



4,夏バテにおすすめ食材

汗が多くて疲れる時は...

酸味と甘みがおすすめ!

酸味:梅、お酢、レモン、ざくろ
甘み:蜂蜜、お米、いも

蜂蜜レモンや、梅ジュース、お酢のドリンクは夏バテには最適です。


気力が出ない、疲れが取れない時には...

山芋、きのこ、ジャガイモ、お米、鶏肉

参鶏湯など骨つき鶏肉をスープでいただくのも良いでしょう。

高麗人参、なつめ、くこの実など薬膳食材を組み合わすと

パワーアップです!


重だるさがとれない湿気が溜まっている時には...

とうもろこし、枝豆、小豆、冬瓜、大根
茗荷、大葉、生姜

お豆をたくさん使ったスープや

茗荷や大葉をたっぷり使ったサラダなどもおすすめです。




夏に食べたくなるようなものがたくさんだと思います。

湿気がたまっているとき、疲れが強すぎるときに

消化の負担にかかる脂の多いお肉類はおすすめできません🙅‍♀️

その時々の体調に合わせて、食材を選ぶようにしましょう✧


良きお盆をお迎えください〜〜(^ ^)

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000