秋に気をつけたい養生〜白露〜

おはようございます。

kampo’s薬剤師・薬膳師山口りりこです。

昨晩の台風は大丈夫でしたか?

東京はすごい勢いの雨風でした。

気温差も大きいので、ご体調崩されないようにお気をつけください。

本日は秋に気をつけたい養生についてお話しようと思います。

1,陰陽のバランス

2,秋前半には熱とりも一緒に

3,熱とり潤い食材

4,「陰」の季節は休養を

5,白露kampo’s前菜

----------


1,陰陽のバランス

立秋(8/8)以降、日照時間も短くなっていき

徐々に「陰」が深まってきます。

春・夏の「陽」の季節は、上へ外へと気が活発に働き

秋・冬の「陰」の季節は、下へ内へと気が収まっていくような季節です。

「陰」は保湿や抑制、凝集の働きがあるため

潤いを与えることが秋のベースの養生となります。


2,秋前半には熱とりも一緒に

一口に秋といえど、

夏の終わりと冬直前では体感も随分異なります。

まだ暑さの残るこの頃は、

体内にこもった熱を取りつつ、
「陰」を蓄える潤いを逃さない養生が必要です。

この時期、お身体に出やすいサインとしては

・肌の炎症・喉風邪・便秘

など乾燥と熱による不調が出やすくなるのです。


3,熱とり潤い食材

梨、びわ、柿、大根、豆腐、はちみつ


4,「陰」の季節は休養を

陰陽の話を先にしましたが、

全ては陰と陽の関係にあり、お互いにバランスをとって調和している

という理論です。

例えば、

陽:昼、春夏、明るい、背部、静
陰:夜、秋冬、暗い、腹部、動

陰は静の季節なので、活発に動くよりも、

「自分自身と向き合うように過ごす」

ことがとても向いています。

汗を書くような激しいスポーツよりは、

ヨガやストレッチなど静かに動くことが向いています。

心を平穏に落ち着いて過ごすことが身体に嬉しい養生であります。


5,白露kampo’s前菜

柿と梨の白和え

(9/8〜9/22)

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000