疲れをため込まない身体づくり

こんにちは。

漢方薬店kampo's山口りりこ(薬剤師・薬膳師)です。

12月に入り年末モードになってきましたね。

何かと忙しくなる頃です。

お疲れをため込まず、心穏やかに過ごせるよう

大雪(たいせつ)の漢方薬膳もご参考ください(^^)

1,冷からの疲れ

2,ストレスからの疲れ

3,疲れに良いおすすめ食材

4,「寝溜め」ってどうなの?

ーーーーーーーーーーーー


1,冷えからの疲れ

12月に入り気温が一気に下がりましたね。

寒いと体もこわばり、疲れを溜め込みやすくなります。

お身体を温め、緩めることが大切です。

外側から温めるには

✧入浴がおすすめ✧

冬でもシャワーですます方も少なくありませんが

心身緩めるには湯船につかる方が圧倒的におすすめです。

お好みの入浴剤を入れて

じんわり身体の芯から温めてください。



2,ストレスからの疲れ

忙しい現代では

精神的に疲れている方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

特に今年は未知の新型コロナウイルスの恐怖感や

生活スタイルの変化で

心から体に影響が出ている方がとても多い1年です。

心身一如(しんしんいちにょ)

心と体は一体です。

ココロの疲弊は、後に体調へと現れます。

逆もしかり。

体調が悪いとココロも疲弊していきます。

だからこそ

ストレスをため込まないことが大切なのです!

忙しいときにでも簡単にできるのが

✧深呼吸✧

お仕事の合間でも

少し立ち止まって目を閉じて深く呼吸をしてみてください。

体内に詰まっている気が巡り

張り詰めた気を緩めてくれます。



3,疲れに良いおすすめ食材

〜サツマイモ、じゃがいも、かぼちゃ、しいたけ、もち米〜

甘みのある食材は

身体をゆるめ「脾(ひ)」を養います。

「脾」は食べたものをエネルギーにかえるところです。

冷えを嫌うため

温かいスープにしてゆっくりと吸収させましょう。

また、ストレスが多いときには

柑橘類や香草類もおすすめです。

柑橘がおいしくなる時期なので

良い香りも楽しんでください。



4,「寝溜め」ってどうなの?

中国最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」には

長く寝すぎると「気」を損なうと書かれ、

考え過ぎは脾気を損ない、臓器に影響するとも書かれています。

睡眠時間が実際に不足していて

寝て疲れがとれている方は良いのですが🙆‍♀️

長く寝ることで

逆に疲れることも多いのです!

朝日を浴びて、軽くお散歩したり、ストレッチをするなどして

気を巡らせてみてください。

少し動いた後には

15〜30分のお昼寝もとても有効です✧

からだの声をきき

疲れにくい身体づくりをしていきましょう✧

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000