年々痩せづらい正月太り〜小寒〜

明けましておめでとうございます。

kampo's薬剤師・薬膳師山口りりこです。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

多くのお客様にご来店いただきお会いできましたこと、

スタッフ一同心より感謝申し上げます。

2019年は様々な媒体にkampo'sを取り上げていただき

薬膳の感心も高まっていることを実感しております。

本年もより一層、薬膳漢方をお伝えすべく努めて参りますので

変わらぬお引き立てご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

1,年と共に痩せづらい!

2,胃腸を整えて水の巡りをよくしよう

3,脾に良い水巡り食材

4,胃腸に嬉しい七草粥

5,小寒kampo's前菜

ーーーーーーーーーー


1,年と共に痩せづらい!

お正月前後はどうしても溜め込みがちで

年始の今ごろ、身体の重だるさを感じ始めていませんか。

しかし!

年と共に、からだの戻りづらさを体感してる方も多いはずです!!

蓄積された脂肪は、からだ全体の巡りを悪くさせます。

綺麗なお水でなく、

ドロドロしたお水が停滞している

と考えます。

また燃やすためのエネルギーも足りないので、

痩せづらく&疲れやすくなるのです。


2,胃腸を整えて水の巡りをよくしよう

漢方の考えでは

「脾(ひ)」は胃と一緒に働き、食べたものをエネルギーに変換する役割があります。

「脾(ひ)」が弱ってしまうと

体内に不要なお水をため込んでしまうのです。

これが脂肪などになり身体を重だるくさせています。

入ってきたものをため込まないために

「脾(ひ)」を元気にする必要があるのです。

もう一つ大切なことは、排出です。

身体の冷えは排泄機能を鈍くさせます。

生モノは身体を冷やすものが多いため、温かいものをとるようにしましょう✧


3,脾に良い水巡り食材

大豆、小豆、とうもろこし、ハトムギ、大根、蕪


4,胃腸に嬉しい七草粥

1/7に無病息災を祈る七草粥。

スーパーでもセットで販売されていますね。

これこそ年始に食べて欲しい薬膳です。

香り良く少し苦味のあるせりやナズナは

食べすぎて胃腸にこもった熱をとってくれるし、

デトックスに最適✧

もっと身近なのは、

スズナ(蕪)・スズシロ(大根)です。

どちらも消化によく、体内の水分バランスを整えます✧

大根は身体を冷やす役割もあるので、お粥にして温めるのは良いことですね。

逆に、食べすぎて胸焼けなどする際には、

大根おろしなど生で食べると良いです。

お粥は胃腸に優しく、効率的にエネルギーを体内に取り込むことができます。

七草粥だけでなく、身体が疲れている時にはお粥を取り入れてみてください。


5,小寒kampo's前菜

とうもろこしと大根のポタージュ

〜焙じハトムギと一緒に〜

とうもろこしの濃厚な甘みに大根のドライさを加えてバランスよく仕上げました仕上げました。濃厚なスープに相性抜群な香ばしい焙じハトムギ添えてお召し上がりいただきます。

1/6〜1/19

漢方薬店kampo's

〜漢方薬剤師による健康・美容のつくり方〜 東洋医学の知恵をつかって日々のセルフケアに役立つ情報をお届けしています。 漢方・薬膳は難しいと思われがち。 はじめての方にも分かりやすいように心がけていますので、是非記事をご覧くださいませ。

0コメント

  • 1000 / 1000